2015年1月13日火曜日

2014年台湾野球10大ニュース

台湾唯一のプロ野球情報誌「職業棒球」の最新刊に掲載されていた記事「台湾棒球十大事件簿」をラインナップだけ書いておきます。

[2014 台湾野球10大ニュース]
①優勝したラミーゴモンキーズ、観客動員数もトップ
②連盟の黄鎮台会長突然の辞任
③CPBL TVで中継スタート、放映権で大もめ
④海外ではチェン、陽岱鋼、王維中が日米で活躍
⑤郭泓志ほか海外から戻ったピッチャーが台湾で活躍
⑥21歳以下のワールドカップで台湾優勝
⑦シーズン中ドラフトで加入の陳韻文、契約金は台湾プロ野球第2位
⑧高國輝が7月から参戦でホームラン王に
⑨林益全が2年連続3度目の年度MVP受賞
⑩郭泰源が台湾球界に復帰

0 件のコメント:

コメントを投稿