2016年3月26日土曜日

そうまでして野球中継が聴きたいか、という話。前編

主婦になってからの私の悩みといえば、「野球中継がじっくり観られないこと」です。仕事との両立や子育ての悩みじゃないのかよ、というツッコミは承知の上で悩んでいます。

仕事は子供が幼稚園に行っている間にやればいいし、反抗期は忍耐力の訓練と思ってやり過ごせます。でも野球中継は一球一球が勝負。さすがにスコアブックは諦めるにしても、せめて勝負どころの打席くらいは手を止めて見たい。そんな時に限って「うんちしたい」と言い出し、飲み物をこぼすのが子供です。いちいちキレていては体力が持たない。

野球にはどこまでも真剣な私は考えました。どうにかして日本と台湾の野球を要所だけでもちゃんと観られないか。CPBL TVに加入したおかげで、台湾の方はいつでもアーカイブが見られます。生で見られないことさえ割り切れれば、子供のいない時間にゆっくり観られるので、台湾の方はあっさり解決。問題は日本です。

パ・リーグTVに加入すればパ・リーグの試合をいつでも観られるようですが、私はセ・リーグのベイスターズファンだし、細分化された有料サービスにいちいち加入していてはお金がいくらあっても足りない。さて、どうしたものか。

そうだ、ラジオがあるじゃないか。

私が本格的に野球ファンになった高校時代は、自分の部屋にテレビがなかったので、球場にいけない日はもっぱらラジオの野球中継を楽しんでいました。解説が細かくて勉強になることも多いので、テレビ中継より面白いと思っていたくらいです。一緒に観戦に行って、「野球愛がマジすぎる」と男子にフラれた後はしばらく心を病んだのか、球場でもイヤホンを耳に突っ込んでラジオ中継を聴きながら内野でじっと観戦する、というちょっと危険な女子高生になっていた時期もあります。

しかも私は昔から深夜ラジオのファンなのです。伊集院光さんの番組に至ってはニッポン放送で「Oh!デカナイト」をやっていた時からのリスナーで、東京在住の強みを生かして中学生ながらイベントに参加したこともあります。でかかったなー、伊集院さん。TBSラジオのJUNKを伊集院さん移籍の流れで聴くようになり、他の曜日も聴く習慣ができて10数年。台湾に引っ越してからも、Podcastや動画サイトを使って聴き続けてきました。

しかもラジオなら少しくらい手が止まっても試合の状況がわかる!なんて主婦向きなメディアなんだ!!

これはラジオ視聴の環境を整えるしかない、とさっそく「radiko」について調べてみました。radikoはラジオ放送をインターネットでライブ配信してくれるという画期的なサービス。これがあれば海外でも余裕でラジオが聴けるはず!と思ったら、日本国内でしか視聴できないことが判明。でもこれは想定内でした。そういうサービスは多いですからね。

でも海外在住者はこんなことでは諦めない!今は日本のIPアドレスを売ってくれるサービスもあるんです。一番有名なのがINTERLINKという会社です。ここで固定のIPアドレスを購入し、「VPN接続」でアクセスすれば、INTERLINKのVPNサーバーを経由してアクセスできるというわけ。月額1080円を高いと思うか、安いと思うかは人によると思いますが、日本国内限定の「Amazonビデオ」や「Gyao」など、今まで海外在住だからと我慢していた動画サービスも見られるようになります。

難しい仕組みはさておき、とにかくこのサイトで「マイIP」を購入すれば「radiko」にアクセスできる、「radiko」にアクセスできれば、野球中継が聴ける!日曜サンデーも伊集院さんの新番組もリアルタイムで聴ける!と興奮しながら購入手続き。月額制で、1ヶ月は無料体験ができるというのも購入を後押ししました。もし接続がうまくいかなかったら退会すればいいですからね。ただし無料体験期間終了後は自動的に本契約となるので、お試しのみ利用したい方は要注意。

IPアドレスの設定について手順を書こうか迷ったんですが、細かい手順は使っているPCがMacかWindowsかでも違ってくるし、INTERLINKからの購入が成功すればサーバの番号やらパスワードやらがメールで送られてきて、サイトの手順通りに入力していくだけなので割愛します。マニュアル通りにやれば難しいことは特になく、こういうことが苦手な私でも無事VPN接続にこぎつけることができました。

そんなこんなで、ついに「radiko」への接続に成功!大喜びして聴き慣れたTBSラジオに飛ぼうとしたのですが。。。局の選択欄にTBSラジオがない!よくよく見てみるとローカル局が並んでいるではないですか。ん?radikoのロゴの横にある「AICHI」ってあの愛知?なぜ愛知県のローカルradikoにつながってるの??


だからAICHIってどういうことよ


手間隙とお金をかけて「radiko」につながった喜びは吹っ飛び、必死でエリアを選ぶ画面を探すものの、見つからず。1時間くらい格闘した後、INTERLINKの問い合わせメールに質問しました。翌日に返答が来るという対応はすばらしかったのですが、その返事が。。。 

お問い合わせありがとうございます。
radikoを視聴されていると思いますが、その地域の判定はradikoが独自で任意に割り当てております。 
我々プロバイダー側が保有するIPアドレスは、地域情報は含まれておりませんので、 
当社側でどのIPアドレスがどの地域という管理は行っておりません。 
ご希望のエリアで視聴を行う場合は、別途プレミアムにご加入いただく必要があります。 

■radiko.jpプレミアム 
http://radiko.jp/rg/premium/ 

ご要望に沿えず誠に恐縮です。 
以上よろしくお願いいたします。

とても丁寧なお返事だとは思いますが、確かにご要望に沿ってないよ。。。追加でプレミアムに加入しないとTBSラジオが聴けないなんて聞いてないよ。。。でもここまで来たらもう後には引けません(マイIPアドレスは無料体験中なので実はまだ引けるんだけど気持ち的に)。意を決して「radikoプレミアム」に加入しました。IPアドレスの月額1080円にプラスしてradikoプレミアム月額350円、毎月1430円(税別)かかることを考えると決して安くはない投資ですが、スカパープロ野球セット(基本料別で3980円)に比べれば安いものと言い聞かせる私。

「radikoプレミアム」に加入すると、当たり前ですが全国のラジオが私のものになりました。いざ全国を手にしてはじめて、北海道放送や広島放送での中継をマニアックな解説で聞けることに気づきました。JUNKも生放送をストレスなく視聴できることを考えると、350円にお得感すら感じます。私の価値観大丈夫ですよね?

これでめでたしめでたし、と行かないのがすべてを自分の意のままにできない所帯持ちの辛いところ。なんと我が家にはWi-Fi環境がないのです。さて、いまどきWi-Fiがない理由とは。その環境でいったいどうやって家事をしながら野球中継を聴くのか。長くなりすぎたので第2ラウンドの記録はまた次回。

結論からいうと、昨日のベイスターズ開幕戦勝利は、ちゃんと聴き届けました。ニヤリ。

0 件のコメント:

コメントを投稿