2016年3月11日金曜日

台湾プロ野球2016シーズンチケット発売 兄弟編。

セブンイレブンのチケットサービス「ibon」で運動票(スポーツチケット)のページに行っても「線上購票」(オンラインチケット購入)のボタンが寝たままなので、しびれを切らして兄弟エレファンツの会員になってみました。


チケットの値段などわかりやすく表示されています。文字が青くなっている中信兄弟售票站に飛ぶと・・・


試合日程票が出てくるので、行きたい試合をクリック。


赤字は「クレジット決済の成功はチケット購入の成功を示すものではありません。購入後は『會員服務』(会員サービス)をチェックして、チケット予約が成功しているかどうか確認してください」と書いてあります。なんか怖いよー。試合日をしっかり確認し、「立即訂購」(すぐに予約する)をクリックすると、


座席のエリアを指定する場面になります。3月の台北開催試合は1試合だけ、とあって、兄弟ファンが続々と買いに走っているもよう。内野は残り座席が少なくなっています。


エリアを絞ったら次は席の指定。三塁側はまだ余裕がありました。座席を指定しようと思ったら、会員にならないと次へ進めませんでした。右下の方にある「+加入會員」をクリックして会員登録しましょう。

それだったら先に会員になっておいた方がラクかな?と思ったんですが、トップ画面から会員登録画面に入ると、住所を入力したりしなきゃならなくて面倒だったので、この画面から会員登録することをおすすめします。


会員登録画面です。電話番号も日本のでOK。日本からの人は頭に+81とつけて入力してね、と親切に解説してあります。


入力が終わると登録したメールに認証番号が送られてくるので、それを入力すると登録が完了。

ちょっと面倒ですが、右上に「●●您好!登出」と出ているログイン状態のまま、最初のチケット購入画面に戻って席を選びます。


するとまたまた出てくるドッキリメッセージ。10分以内に決済してよ!と急かしてきますが、焦らない焦らない。



試合日と値段をしっかり確認。①の「折扣」というのは割引のことで、親会社の中国信託のクレジットカードを持っている人だけに適用されるので、無視していただいて・・・
②はチケットの受け取り方式。やはりコンビニでの受け取りしか選べません。


クレジットカード情報を入力し、購入規約に同意して、決済をすると・・・


成功よ!成功なのよ!とメッセージが出てくるので安心しがちですが、ここはやっぱり警告にしたがって「會員服務」を見ておきましょう。それと、予約ができれば登録したメールにメールがくるはずなので、メールがこない場合は要注意。

さて、肝心のチケット受け取りですが、発行期限は特に明記されていません。「よくある質問」の「退票問題」(払い戻しについて)の箇所をを見ると、「まだ発券されていないチケットに関しては3日前まで『會員服務』ページ上で取り消すことができます」とあるので、かなり直前まで発券可能のようですが、はっきりしたことはわからず。来週問い合わせてみます。

コメントいただいた谷口さんのように、兄弟エレファンツを応援したい場合は一塁側と三塁側どちらを買えばいいのだろう?という疑問の答えは、「よくある質問」にありました。

1. 2016​年​台中洲際棒球場​​主場球隊球員休息室位於三壘側(即西區看台)。
   其他球場​​主場球隊球員休息室位於一壘側。

洲際棒球場はホームチームが三塁側、その他はホームチームが一塁側、とのことです。「休息室」って控え室のことなので、ベンチじゃないの??っていうのがちょっと引っかかりますが、まず間違いないと思います。そしてどうして洲際ではホームチームが三塁を使うんだろう・・・そういえばプレミア12でも台湾代表が3塁側だったな・・・と謎が謎を呼ぶCPBLなのであります。

0 件のコメント:

コメントを投稿